ニートの就職活動方法

1. ニートと呼ばれる人たちの深層心理
 ニートから抜け出すことは簡単です。「何言ってるんだ!!」と怒鳴られそうですが、本当です。統計上の話ですが、ニートの方は実はニートでありながらも、一刻も早くこんな状況を脱したいと思いながら生活しています。更に、社会や人のためになりたいといった思いを抱いている人も多くいます。

 

 少し離れた場所から世の中を見てきたニートの人達ならではの視点やアイデアもあります。今はひっそりと息をひそめていますが、タイミングを見計らっているニートたちは、いつ飛び出そうかと虎視眈々と狙っているケースも多いのです。

 

2.ニートが勝てる就職術
今まで本格的な就職活動をしたことがないニートだった人が、ひとたび活動を始めると一気に本領を発揮します。しかし、実際のところ気ばかりが先走って望ましい就活といった部分ではいささか不安がつきまといます。そこでこの不安を解消するためのコツを挙げてみましょう。

 

1)就職についての知識を学ぶ
学生生活が終わり、就職へと移行していくと「もう勉強とはさよならだ」と喜んでいる人も多いでしょうが、実は就職の知識も勉強からはじまりますので、まだ勉強からは解放されていません。

 

 応募書類の書き方や面接マナーや受け応え等、全て学ぶ必要があります。とはいっても暗記ではなく、より効果的に自分をアピールするためのコツを学びとるわけです。その為には就職のプロがいるリクルートやパソナ等が運営している人材紹介機関を利用するのが手っ取り早いやり方です。

 

2)面接に賭ける
就職試験では面接が合否の鍵を握る最大の関門となります。その点一歩優位に立っていると考えられるのです。というのは、面接では「何故、今まで就活も進学もしなかったのですか」といった質問がほぼ確実にされるということが、予め予想できることだからです。そしてこの問いに対する回答如何で合否が決まるといっても過言ではないとても重要なポイントを既に手にしているのです。

 

3.まとめ
ニートが就職するために必要なのは就職のノウハウと理由です。ニートになった理由から、ニートを止め就職しようと思ったきっかけや理由です。これらをマスターするだけで、潜在的に持つ高い意欲で就職への階段は案外と順調に駆け上がることができるのです。そうして積もり積もった向上意欲を発揮する中で、数年の後には、スペシャリストの片りんを漂わせていることでしょう。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広い