試用期間についてと期間中の注意点、就職前の確認についてまとめます

試用期間はテスト期間?

 

 試用期間とは何か、ということを説明される時、しばしば、「これはテスト期間である」と見聞きすることがあると思います。そうした説明を見聞きせずとも、こうした認識を持っている就職希望者は多いのかもしれません。テスト期間という言葉は、特にニートの人にとってはあまり良い響きとは感じないのではないでしょうか。

 

 確かにそうした解釈も成り立つのかもしれません。しかし、就職を経験したことのない人がイメージするテスト期間とは、また違った意味合いがあることも否めないでしょう。

 

 試用期間というのは入社が正式に決定した後に設けられるものであり、その先ずっと雇用が続くことが前提となっていることを無視してはいけません。仮に試用期間がテスト期間であったとしても、そのテストに不合格となる可能性は、非常に低いのです。

 

ニートが気を付けたい試用期間中の態度

 

 試用期間をテスト期間とするならば、それに不合格となるケースはほぼない。これは間違いのないこと。しかし、不合格となる可能性がゼロではないことも頭に入れておきましょう。

 

 ニートの人に、入社後すぐに仕事を覚えて会社に貢献しろというのは無理な話。ブラック企業などでなければ、こんな無理を強いることはないでしょう。
 ただし、勤務態度については厳しくチェックされるかもしれません。

 

 遅刻が極端に多い、欠勤も多い、いくら注意しても直さない、仕事に取り組む意欲が極端に見られない、反抗的な態度が過剰に目につくなどがあれば、これはテスト不合格と言われても仕方ないでしょう。

 

 

試用期間は事前に確認できる?

 

 試用期間の内容は企業によってまちまち。では、これを入社前に確認することはできるのでしょうか。

 

 通常は、求人情報をチェックすれば事前に確かめることが可能です。期間や給与については書かれているはずなので、それをよく確認しておきましょう。ただ、求人情報量が少ない媒体を利用している場合には、そこまで細かく記載されていないこともあります。そんな企業については直接問い合わせなければなりません。

 

 仕事内容に非常に興味があり、就職したいと思える企業であれば応募をして、面接の時に試用期間の内容について細かく聞くことも可能です。

 

 

【関連記事】