ニートを対象とした就職活動のコツ

仕事の経験の有無による就職活動のやり方

 ニートの中でも様々な仕事をしてきた経験のある人がいますが、中には全く仕事の経験のないニートもいます。正社員やアルバイトの経験のあるニートが就職活動を行う場合、これまでの仕事の業種や職種に因んだ企業へアピールします。ニートとしてブランクがあっても、経験した仕事を生かして、仕事が出来る事をアピールします。一方で、仕事の全く経験がないニートが就職活動を行う場合、仕事をやりたいという意欲と希望する業種などを定めておく事が基本です。

 

職業体験に関するプログラムを利用する

 最近はNPO法人や職業安定所などが、無業者を対象にして就職活動に有利になるように職業体験などを実施している場合が多いです。就職活動中であっても、企業によって職業体験を開催している所が多いので、自分のやりたい職種を見つけるための職業体験のプログラムに積極的に参加する姿勢を持ちます。

 

自分の好きな事を探してみる

 ニートの中で、就職活動の際にやりたい事に関して定まっていない人が多いです。日常の生活の中で、ブログを作る事が得意でパソコンを触る機会が多い時に、パソコン関連の仕事を探すなどの好きな事に因んだ業種を選ぶと就職活動が行いやすくなります。最近の企業は人材の不足の傾向なので、興味のある事として仕事に繋がるポジティブさを持って、自分の興味が仕事で貢献する事を考えて、好きな事を就職活動に生かす姿勢が重要です。