面接で聞かれる質問にどう対応するべきか

 学校を卒業してから就職するまでの期間が、幾らか空いてから就職活動を行う人もいると思います。

 

面接で聞かれる事

 期待を膨らませながら、やっと見つけた希望の企業での面接に漕ぎ着けた時に空白の期間について面接官に聞かれる事があるでしょう。その質問には、何をしていたのかきちんと答えられる様にしておく事が大切です。特に働きたくもなかったのでとか、仕事がみつからなかった等とマイナスの答えを話してはいけません。そんな事を口にすると、この人は仕事を一生懸命やる気がないのではないかと不採用に繋がりかねません。自分を磨きながら、本当にやりたい仕事を探していた等少しでもプラスになる事をアピールしましょう。嘘をつくのではありません。実際に仕事をしていなかったのであれば、なぜ仕事をしていなかった自分が今回この企業に就職したいと思って就職活動を始めたのかという熱意を伝える事が重要なのです。

 

事前に準備すべき事

 ただ何となく給料が良かさそうだから、そろそろ働かないといけないから等といった心構えで、就職活動をしていてはどこの企業にも採用される望みは薄いでしょう。どうしてその仕事をしたいと思ったのか、今一度改めて考えてみる事が重要なのです。面接に行くと緊張して、自分の思っていた事を上手く話せない事もあります。大体の志望動機や自己PRを明確に文章に書き出して、言葉にする練習をしましょう。