就職を実現させる5つの流れ

 

 就職の意味を知る前に、就職活動とは何かについて知っておくことです。ニートがいきなり就職するのはなかなかハードルが高い。その高いハードルを飛び越えるために知っておいて欲しいことをピックアップ。全てを身につけられれば、ハードルを飛び越えるための就職筋肉を手に入れられるはずです。

 

就職活動は準備活動が大事

 最後までやり抜くという意志、これを持つことから始めましょう。やりたいことと、できること。これの整理と同時に、やりたくないことと、できないことも整理しておきましょう。もし興味のある分野ですぐに取得可能な資格や免許があるのであれば、それを目指すことも就職する際の大事な準備活動となります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人媒体を上手く使うことが就活のカギ

 働いた経験がない人ほど、この求人情報収集が苦手なもの。まずは求人情報媒体を知っておきましょう。紙媒体、ネット媒体、ハローワークなどの存在を知り、それぞれの特徴を知り、使いやすさや情報量、正確さを知った上で使いこなすこと。これが就職というゴールをぐっと近づけます。

 

 

【参考記事】

 

 

 

履歴書は気を抜かずに最後まで書く

 ニートにとってあまり見たくないかもしれない履歴書などの応募書類。書き間違いのミスをなくし、丁寧な字で書くことをまずは強く意識しましょう。嘘を書くのは絶対にダメ。応募した企業に対して強い興味があったこと、これが上手く書ければ、履歴書の出来が格段によくなるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接は落ち着いた態度が好印象

 緊張や人見知りなどからくる挙動不審、これには十分に注意したいところ。そうした部分が見えるとコミュニケーション能力に欠けると思われてしまいます。面接の前に人と話すことに慣れ、イメージしたことを的確に言葉に変換できるようにしておきましょう。癖なども直しておいてください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

入社日までに契約書を必ず確認

 ニートは就職を急ぐあまり、少し怪しい企業へ応募してしまうことがあります。内定が決まってもすぐに契約書や誓約書などにサインをするのではなく、そこにおかしな点はないか、ちゃんとした会社なのかを調べた上で入社を決意してください。これが入社準備時の最重要チェックポイントとなります。

 

 

【参考記事】